ブログ

28歳まで生理がなかった私

image

 

私は28歳まで正常な生理がありませんでした。

 

 

私は小さい時から運動が大好きで、周りのみんなより少し運動能力も高くて、小学生の頃から多くの大会に出場する陸上競技のアスリートでした。

体脂肪率はいつも20%以下。

特に高校では、全国大会や、さらにアジア大会やオリンピックを目指すようなサラブレッドが集まる陸上部に所属し、毎日倒れるようなハードトレーニングを重ねていました。

 

 

その頃には、気がついたら半年生理が来てないとか、来ても量は少しだけで1日2日で終わるという状態。

次の試合に向けてそれどころではなかったし、逆に来なくて楽だなぁくらいに思っていました。

 

 

高校を卒業し、アスリート人生は卒業しましたが、やはり今までの経験を生かした運動に関わる仕事がしたくて、ダンスやフィットネストレーナーの道に進みました。

 

 

ここでも毎日朝から晩まで、エアロビクス、ジムトレーナー、成人水泳、キッズスイム、キッズ体育、パーソナルトレーニングなどなどハードワークは続きました。

 

 

特にキッズスイムは、3時間以上下半身水に浸かりっぱなしで、冷えっぱなし。

もう生理だけでなく、あちこちに支障が出てきて、ホルモンバランスは完全に崩れていました。

 

冷え。貧血。腰痛。イライラ。

 

こんな状態が28歳まで続きました。

毎日元気を装い、自分を騙しながら日々をなんとか乗り越えていました。

 

しかしこの頃、結婚を意識していた彼がいて、家族を作りたいと思った時「私の体大丈夫だろうか?」と不安がこみ上げてきました。

そしてやっと病院に行く決心をしたんです。

 

 

結果は最悪でした。

排卵していない。

無排卵月経。

このままでは私は赤ちゃんが出来ない。

 私は女性としての機能が全く働いていない体になっていました。

 

 

 

あれから7年。

私は赤ちゃんを授かりました。

 

ヨガ、呼吸法、瞑想、内観。

生活習慣、生活環境、食事療法、健康療法。

 

 

 

私は生活のすべてを見直しました。

そして、ヨガを通して体から心を見つめ、そして私の魂、生きることそのものを見つめました。

 

 

私の体が伝えていること。

体から心が伝えていること。

心から魂の本当の声に耳を傾けました。

 

 

体が喜ぶ、心が喜ぶ、魂が喜ぶかどうかいつも問いかけました。

すると答えは自然に出てくるのです。

どんなに困難な時もいつも誰かが手を差し伸べてくれました。

絶妙なタイミングで必要なものはすべてやってきました。

 

 

 

こうして私の体は健康を取り戻しました。

もちろん心も。魂の喜びも。

 

 

いつだって遅いことはないんです。

私達はもうすでに素晴らしい自己治癒力を持っています。

そして、すべてとの調和を感じることで、自然治癒力も高まります。

 

 

私は難病脊椎空洞症も、無排卵月経も克服しました。

私達の持つ生命力は計り知れません。

 

 

もし、あなたが今何かで悩んでいるのなら、

絶対に諦めないでください。

自分を信じてください。

必ず道は拓けます。

 

 

Love Misaki♡